高齢化社会の様々な課題

高齢化社会における課題には、様々なものがあります。
特に介護サービスや社会保障制度、中高年の引きこもりなどは、早急に対処すべき事柄として様々な方面から指摘されることがあります。
年々高齢化率が上昇している中介護サービスの担い手が慢性的に不足している介護施設の数が増えており、人員不足のために施設の閉鎖を余儀なくされるケースも少なくありません。
特に少子化や過疎化などが進む地域においては安定的な介護サービスを供給できない状況となっており、自治体や社会福祉法人などが対策を打ち出そうとする動きも見られます。

年金や健康保険料などの社会保険については財源の確保が困難となっており、年金の支給開始年齢を遅らせたり、医療機関の窓口での診療費の自己負担割合を増やしたりといった議論が活発に行われています。

また、就職氷河期の影響により非正規雇用を余儀なくされ、長期間にわたり引きこもりの状況となっている人に対する支援についても、親や兄弟の生活の負担を軽くするうえで、重要な課題となっています。
こうしたテーマについては国や自治体が主導的に対策を進めるだけでなく、地域の企業や非営利法人などが協力し合って解決を図ることが期待されています。

その他高齢化社会の課題は全国一律のものではなく、各地の人口や文化、風習なども大きく関わっています。
そのため、様々なケースについて個別に対応することが求められています。

☆高齢化社会の課題を理解し、自身ができることを探る>>女性のための高齢化社会相談所