期待が集まる幼老複合施設

高齢化社会になると、要介護者となる高齢者が増えて家庭ではケアしきれなくなり、介護施設の増設が望まれるようになります。
しかし財政上の問題があり、増える要介護者の需要に供給が追いついていません。
特に特別養護老人ホームなど利用料金が安い公共の施設は入所希望者が多く、自宅待機を余儀なくされるケースが珍しくありません。
有料老人ホームは空きのある施設も少なくありませんが高額の利用料金を支払わなければならないため、多くの高齢者は有料老人ホームに入所できないのが現状です。
一方、少子化傾向にも関わらず、保育施設の不足も大きな問題となっています。
待機児童が多く、共働きの夫婦の子育ての障害となっています。

介護施設や保育所の不足問題を解決するため、幼老複合施設の設立が提案されています。
幼老複合施設とは、同一の施設内で児童の保育と高齢者の介護を行う場所のことです。
介護施設と保育所を別々に設置するより少ない数の職員で児童と高齢者の両方のケアを行うため、人件費の節約になると言われています。

高齢者が児童と交流することで良い刺激を得て活気を取り戻したり、児童は高齢者へのいたわりの気持ちを育めると期待されています。
また、施設職員が目の届かない所でも、高齢者と児童がお互いに見守り安全管理に貢献してくれる効果もあります。

幼老複合施設は、地域共生社会の実現という国の行政方針とも合致する施策なので、今後も各地に設置されることが見込まれています。